注文の多い料理店

注文の多い料理店とは、宮沢賢治の童話作品である。

短編集として刊行され、その中に収録された作品であり、また同書のタイトルにもなっている。

あらすじ

2人の若い紳士が白熊のようなわんこを連れて、山へ狩りに出かけました。

めっちゃ山奥に入ったため、案内人もどこかに行って、わんこも泡を吹いてばたんきゅー。さぁ、たいへん。

しょうがないので帰ろうとすると、いつの間にかうしろに西洋料理店「山猫軒」がありました。

なんかめっちゃ扉が多いけど、これってロシア式らしいよ!

途中の扉の上に「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」と書いてあります。

山の中なのにすっごい流行ってるらしいぞ! きっと、おえらいさんも来てる店なんだ!

2人はるんるん気分で注文されたどおりに進んでいきました。

「料理はもうすぐできます。十五分とお待たせはいたしません。すぐたべられます。早くあなたの頭に瓶びんの中の香水をよく振ふりかけてください」

なんか酸っぱいにおいがするぞ!? ドジっ子メイドが間違えちゃった?

なんかおかしいことに気づいた2人は、ようやく向うがこっちへ注文してるということに気づきます。

最後の扉は大きな鍵穴がふたつ、銀色のフォークとナイフのようなのが付いていて・・・これって、ぼくたち食べられちゃう!?

鍵穴から二つの青い眼玉がまだかまだかときょろきょろ。

後ろの扉を押してもびくともしません。2人は泣いちゃいました。

そのとき、2匹のわんこが!

わんこ達は扉を突き破っていくと、暗闇の中で大暴れ。

ついにボスをやっつけました。

店は煙のように消えちゃって、すっぽんぽんの2人は草の上に立っていました。さむい!

脱いだものとかはあっちこっちに散らばっていて、わんこもやってきました。

うしろから案内人もやってきて、2人はようやく安堵しました。

でも、くしゃくしゃになったお顔だけは東京に帰ってお風呂に入っても治りませんでしたとさ。

 

にゃんこGAMES版「注文の多い料理店」

あるところに、まんどれちゃんというガチショタがいました。

とってもドスケベなふとももを見せつけながら、お風呂に入るといって周りのおぢさん達を誘っています。

これは、けしからんですね。

1匹のにゃんこが、まんどれちゃんと一緒にお風呂に入ろうとしました。

にゃんこ大魔神は、もちろんにゃんこなのでショタっ子とお風呂に入るのは合法です。

いっしょにぬぎぬぎしましょうね。ハァハァ。

純真無垢で天使のようなまんどれちゃんは、にゃんこ大魔神に聞きました。

お風呂ですることといえば、当然アレにきまっています。

もちろん、はだかのお付き合い。

2人は体を洗いっこいます。

お互いにキレイキレイしましょうね。

体をごしごし。

ぴっかぴかになったまんどれちゃんの体は、とってもB地区がえちえちで、おしりもツヤツヤ。

ふともももほっかほかで、ドスケベ度がバースト。

にゃんこ大魔神のランチャーもバーストしちゃいます。

体だけではありません。

頭もしっかりと洗いましょう。

2人が頭を洗っていると、物音がしました。

もう1匹のにゃんこが入ってきたのです。

これはちょうどいいですね。みんなで・・・

きれいになったまんどれちゃんを、2匹のにゃんこがいただいちゃおうとしました。

これは、まさしく「注文の多い料理店」です。

こうして、料理されちゃったまんどれちゃんは、おいしく食べられちゃいましたとさ(意味深)。

めでたしめでたし。

にゃんこ大魔神専用Wikiカテゴリ一覧
総記Wiki TOP | アーカイブ | 一覧 | まとめ
にゃんこ全て | 実在するにゃんこ | 架空のにゃんこ | にゃんこの生態 | にゃんこに関する作品
サブカルチャー全て | 家庭用ゲーム | オンラインゲーム | フリーゲーム | 非電源ゲーム | 漫画 | アニメ | PC用語 | ネットスラング | インターネットミーム | 萌え | プレイヤー
性物全て | ショタ | 男の娘 | 美少年 | うちの子
知識全て | 発想 | 表現
音楽全て | 70年代 | 80年代 | 90年代 | 2K年代 | ユーロビート | ハイパーテクノ | ユーロダンス | ハッピーハンドバッグ | アニソン | ゲーソン