結婚式におすすめの 洋楽ウェディングソングリスト

by 鳥祢コウ(にゃんこGAMES) Published 2021/00/00

Tap to Start

今回はジューンブライドも近いということで、ウェディングソング特集です!

結婚式のときに流れる曲だね!

そう! 定番も多いけど、やっぱり特別なときに流れる曲ですから、自分自身が歩んできた人生にピッタリなナンバーを選曲したいですね!

どんなのがあるんだろう?

結婚をテーマにしたもの、ラブソング、二人のこれからの生活・・・いろんな曲があります!

ぼくもいろいろ聴いてみよう!

特別な日を演出する曲

新郎・新婦どちらにとっても結婚式は特別な日となります。 入場から二次会に至るまで、その場面でピッタリな曲を選ぶことは、とても重要なことです。 二人・大切なゲストの思い出を彩るようなウェディングソング・・・選曲するときの参考になればと思います。

Wedding Song List

・Ordinary World/Duran Duran

・Because You Loved Me/Celine Dion

・For All We Know/Carpenters

・Endless Love/Diana Ross & Lionel Richie

・Eternal Flame/The Bangles

・Holy Love Light/GTS feat.Cybil Jefferies

・Everything's Gonna Be Alright/Sweetbox

・Greatest Love Of All/Whithey Houston

・Marry Me/Train

・Come Away With Me/Norah Jones

・10,000 Hours/Dan + Shay,Justin Bieber

・Let's Make Love/Faith Hill & Tim McGraw

・At Last/Beyonce

Check It Out!

Ordinary World

1993年に発売された2度目のセルフタイトル・アルバムで、通称「ウェディング・アルバム」からの大ヒット曲。このシングルは全米TOP10に入る大ヒット曲で、海外の結婚式でも定番のウェディングソング。

Duran Duran

Because You Loved Me

1996年に公開された映画「アンカーウーマン」の主題歌で、数あるセリーヌ・ディオンのヒット曲でもトップクラスの人気があります。結婚式でもよく使用される楽曲のひとつです。

Celine Dion

For All We Know

元々は1970年に公開された映画「Lovers and Other Strangers」の挿入歌で、翌年にカーペンターズによってカバーされ大ヒットしました。映画・楽曲共に付いた邦題「ふたりの誓い」が結婚式にもピッタリ。

Carpenters

Endless Love

1981年に公開された映画「エンドレシ・ラブ」の主題歌で、不滅のラブソング。この曲も結婚式のBGMに使われることが多い名曲です。

Diana Ross & Lionel Richie

Eternal Flame

1988年に発売されたシングルで、邦題は「胸いっぱいの愛」。ベストアルバムのタイトルにもなっている名バラードです。日本では松田聖子や元TOKIOの長瀬智也がカバーしています。

The Bangles

Holy Love Light

1998年にリリースされたCD「In The Groove/GTS」に収録されたクリスマスソングですが、神聖なメロディとソウルフルなボーカルが結婚式にも相性がいい曲です。

GTS feat.Ceybil Jefferies

Everything's Gonna Be Alright

ウェディングソングといえば、やはり「Sweetbox」ですね! バッハの「G線上のアリア」を使用した「Everything's Gonna Be Alright」は鉄板です。「Cinderella」「Read My Mind」なども候補!

Sweetbox

Greatest Love Of All

ホイットニーのカバーが有名ですが、オリジナルはジョージ・ベンソンでモハメド・アリの伝記映画「ザ・グレイテスト」の主題歌。ラブソングではなく自己愛と誇りの歌で、家族ができるからこそ意味のある曲でしょう。

Whitney Houston

Marry Me

2010年にビルボードホット100で40位以内にランクインする成功を収めたナンバー。海外では結婚式のスタンダートナンバーのひとつとなっています。

Train

Come Away With Me

2000年代のトップ・ジャズアーティストに選ばれているノラ・ジョーンズのファースト・アルバムから、いまや世界中で結構式のBGMとして使われているスタンダード。

Norah Jones

10,000 Hours

2019年のリリースながら、はやくもウェディングソングの定番となっているカントリーデュオ「ダン + シェイ」とジャスティン・ビーバーのコラボ。妻への愛を歌ったラブソングです。

Dan + Shay, Justin Bieber

Let's Make Love

2000年にリリースされたフェイス・ヒルと夫のティム・マグロウのコラボレーションから紡ぎ出される極上のラブソング。ウェディングソングとしてもうってつけのナンバーでしょう。

Faith Hill & Tim McGraw

At Last

エタ・ジェイムスのバージョンがあまりにも有名ですが、映画「キャデラック・レコード」でエタ役を演じているビヨンセのカバーも素敵です。

Beyonce

気になるウェディングソングは見つかったでしょうか? スローな曲が多いので、結婚式でなくても睡眠前のBGMなど普段の生活でも聴きやすい曲が多いと思います。 BGMは決まったけど結婚式のムービーが・・・と映像にお困りでしたら「ナナイロウエディング」がオススメです。