いまなぜか「それが大事/大事MANブラザーズバンド」が注目されている件

by 鳥祢コウ(にゃんこGAMES) Published 2022/01/31

Tap to Start

Source:Amazon.co.jp

Source:Amazon.co.jp

最近、なぜか大事MANブラザーズバンドの名曲「それが大事」が世界中のゲーマーに注目されています。1991年リリースという、約30年前の曲が今なぜ注目を浴びたのでしょうか?

※ウェブストーリーのリンクにAmazonアソシエイト・プログラムを利用しています。Amazonのアソシエイトとして、烏袮コウは適格販売により収入を得ています。

ゾンビACT「昭和米国物語」のトレーラーBGMに起用

Nyanko Games Web Stories

Source: Steam - 昭和米国物語

インディーゲームディベロッパーの「NEKCOM Games」が開発中のゾンビサバイバル・アクションゲーム「昭和米国物語」のトレーラーのBGMに「それが大事/大事MANブラザーズバンド」が起用。そのビジュアルのインパクトとまさかの楽曲でSNSが揺れた。

ゾンビACT「昭和米国物語」のトレーラーBGMに起用

Nyanko Games Web Stories

Source: Steam - 昭和米国物語

「昭和66年、アメリカの国土の大半は強大な経済力を有する日本によって買われた」という設定や、日本とアメリカの融合した特異なビジュアル、「それが大事」をBGMに次々とゾンビをなぎ倒していくシュールさが絶大なインパクトを放つトレーラーである。

ゾンビACT「昭和米国物語」のトレーラーBGMに起用

Nyanko Games Web Stories

Source: Steam - 昭和米国物語

一見すれば、ゲームは群がるゾンビを武器で倒していくアクションゲームなのであるが・・・背景や登場するアイテムが昭和時代を感じさせるノスタルジックさがシュール。ミニゲームなども昭和時代の遊びを取り入れており、ジャパネスクなアメリカという独自の概念がそこにある。

ゾンビACT「昭和米国物語」のトレーラーBGMに起用

Nyanko Games Web Stories

Source: Steam - 昭和米国物語

昭和米国物語はPCがSteamでリリース予定。また、PS5/PS4でも発売予定となっている。数あるゾンビサバイバルアクションゲームの中でも、ひときわ異彩を放つ本作。気になる方はSteamでチェックしてみては。

「それが大事/大事MANブラザーズバンド」とは

Nyanko Games Web Stories

Source: Amazon.co.jp

「それが大事」とは、1991年にリリースされた大事MANブラザーズバンドのサードシングル。当初はまったく売れなかったが、当時人気だったTVバライティ「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマソングに起用されたことからチャートアクションを起こし、オリコン1位まで登り詰めた。

「それが大事/大事MANブラザーズバンド」とは

Nyanko Games Web Stories

Source: Amazon.co.jp

カバーしているアーティストも多く、歌詞の内容から替え歌で歌われることも多い。近年では、2018年には映画「NETSTAR~再生回数の向こう側~」のエンディングテーマとして「名古屋CLEAR'S feat.大事MANブラザーズ・立川俊之」が替え歌カバーしている。