【PSO2】ラスボスこと小林幸子さんが降臨!ライブで新曲「ヨーコソ・アークス」を披露

  1. PSO2
  2. 13 view

2016年6月15日にPSO2の定期メンテナスが行われ、新たなスタージェム・コンテンツとして「SGスクラッチ」が登場しました。第一弾として、ダークファルス【巨躯】【仮面】【若人】のコスチューム関連がラインナップされた「ダークネスルーラー」が配信されています。

また、新たなコンテンツとしてトレジャーショップが登場。SGでは任意に緊急クエストを発生させることができる「クエストトリガー」が追加。メセタではボーナスキーなどが入手できます。

そんなアップデート追加の中、ひっそりと公式サイトに「ゲーム内ライブへの”小林幸子さん”の登場が決定!」の告知がありました。YouTubeではPVも公開されています

ついに小林幸子さんの新曲登場!

PSO2放送局のロードマップでは、夏の大型アップデートで新ライブイベント追加がありましたが、大御所である小林幸子さんだったというわけです。ライブで歌われる新曲「ヨーコソ・アークス」は、ビートまりおさんが手がけています。

「歌い手」としての小林幸子さん

小林幸子さんといえば、演歌歌手として派手な衣装で紅白へ出場していたことが記憶に残るでしょう。ソレ以外にもタレントなどとしてマルチに活躍するかたわら、ニコニコ動画に突如として歌ってみた動画を投稿したり、コミケで「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」のカバーを発表したり、近年ではサブカルチャー界隈での活動が目立ってきています。

オンラインゲームでも、現在はサービスが終了したスマホアプリ「無限∞ナイツ」でレイドボスとして登場。中川翔子さんとのコンビ「しょこたん♥さっちゃん」で「無限∞ブランノワール」という歌も歌っています。

ニコニコ動画では古くからその大掛かりな衣装やセットがネタにされることが多く、「ラスボス」として親しまれてきました。アニメでもネタとして使われることがあり、しかもご本人が声を当てていたりもします。ゲームでも登場し、自身も動画を投稿するようになり、コミケにも参加と酒井氏いわく「境界を超えた活躍をしている」わけですね。

作曲はビートまりおさん

さて、小林幸子さんがPSO2のライブで歌う楽曲は「ヨーコソ・アークス」ですが、これを手掛けるのはビートまりおさん。

ビートまりおさんは同人サークル「COOL&CREATE」を主催し、東方関連や各種ゲームのBGMアレンジを発表しています。ニコ動が好きな方なら一度は「最終鬼畜妹フランドール・S」や「Help me, ERINNNNNN!!」、「ナイト・オブ・ナイツ」といった楽曲を耳にしたことがあると思います。

ガチアークスとしても知られていて、PSO2関連では「アークス×アークス」というアレンジ・カバーCDを頒布しています。その前にもPSO2のオープニングテーマのアレンジを発表していましたね。

ちなみに、コミケでは小林幸子さんと隣だったそうで、そんな繋がりで今回のコラボが実現したとしてもおかしくはないでしょう。うまく酒井氏が乗ったな、という印象でしょうか。まぁ、全然自然な流れだと思います。

まとめ

今回の発表だけでも、かなりの広告効果があると思いますので、コラボとしては成功でしょう。個人的には、こういうインディーズアーティストが楽曲提供という事例もあるし、これからPSO2アレンジ界隈が盛り上がってくると楽しいなと、と思います。

さらに、アンコール曲もあるようで、クーナさんのときみたいにチャットで「アンコール」と打つと、再度小林幸子さんが登場。アンコール曲を熱唱します。

その曲は・・・千本桜! やはりこの曲ですね。ニコニコ動画の方でも歌ってみた動画を投稿されていますが、PSO2のステージで歌う様子はすごいものがあります。ラスボス感がすごい。

関連記事